バックアップスクリプト

2012年 6月 24日(日曜日) 11:31 CrapeMyrtle 一般 - 雑記
印刷
Attachments:
File説明File size最終更新
Download this file (backup.sh)backup.shバックアップを行う。他のスクリプトを順次呼び出すので、コレを実行すれば良いはず。0 Kb2012-06-24 12:08
Download this file (backup_db.sh)backup_db.shデータベースのバックアップを取得する。0 Kb2012-06-24 12:08
Download this file (backup_files.sh)backup_files.shファイルのバックアップを取得する。0 Kb2012-06-24 12:08
Download this file (backup_sendmail.sh)backup_sendmail.shバックアップファイルをメール送信する。1 Kb2012-06-24 12:08
Download this file (backup_erase_old.sh)backup_erase_old.sh古いバックアップファイルを削除する。0 Kb2012-06-24 12:09
Download this file (backuprc.txt)backuprc.txtバックアップスクリプトの設定。適当に値を変え、backuprc という名前にすること。0 Kb2012-06-24 12:10
ユーザの評価: / 0
悪い良い 

データバックアップしないとね、ってことでやっつけで作ったスクリプト。

動きはこんな感じ。

  1. (backup_db.sh) DB(MySQL)のバックアップ(mysqldump)取得 -> gzip圧縮
  2. (backup_files.sh) 必要なファイルのバックアップ取得 (必要なファイルをtarで固めた後、gzip圧縮)
  3. (backup_sendmail.sh) バックアップしたファイルを特定のメールアドレスに送信
    • バックアップファイルは添付ファイルとする
    • ファイルサイズが大きいバックアップファイルは分割して送信する
  4. (backup_erase_old.sh) 古いバックアップファイルを削除
    • バックアップファイルはしばらくサーバ上にも残しておく (消してもいいんだけど)
    • 今はファイル更新のタイムスタンプで判断してるけど、1年後動作確認できたらファイル作成のタイムスタンプを見るようにする? (覚えていれば)

あとは以下の準備をして、backup.shをcronジョブにでも登録しておけば一定間隔でバックアップが取れるはず。

  1. The Mutt E-Mail Clientをインストールする
  2. 上の各スクリプトを順次呼び出すスクリプト(backup.sh)と、共通の設定ファイル(backuprc)を全部同じディレクトリにおく
  3. backuprcや、各スクリプト内で定義されている変数を適当に書き換える
  4. chmod +x *.shを行う

 

(余談) 1.のMuttのインストールの際、configureやmakeのやり方を一瞬忘れてしまっていた。やっぱり定期的にLinuxいじらないとダメだなぁ。。。

最終更新 2012年 6月 24日(日曜日) 12:16
コメント (0)
投稿コメント
Your Contact Details:
コメント:
[b] [i] [u] [url] [quote] [code] [img]   
:D:):(:0:shock::confused:8):lol::x:P:oops::cry:
:evil::twisted::roll::wink::!::?::idea::arrow:
Security
画像に表示されているスパム対策コードを入力してください。
Joomla components by Compojoom