物置っぽい何か

まったり まったり

ホーム / Tips / ソフトウェア / GNU screenの設定

GNU screenの設定

Eメール 印刷
ユーザの評価: / 0
悪い良い 

GNU screenの設定のメモ.

hardstatus alwayslastline "%{= BW} %?%-Lw%{cW}%50>%n%f* %t%{-}%+Lw%<%:%w%? %="
caption always "%?%F%{= cW}%? %n %t"
%?xx%:yy%?
xxがあればxxを,そうでなければyyを表示
%{= FB}
文字の色をFに,背景をBに変える.元に戻すには%{-}
%xx>yy%<
yyが左からxx%の位置にくるようになる
%=
右端まで伸ばす
# ^T^Cでウインドウ作ったときはカレントディレクトリをいじります
bind ^C eval "screen" 'stuff "cd "' 'stuff "\047"' "paste !" 'stuff "\047"' 'stuff "^M"' 'stuff "^L"'

新しく作成したウィンドウのカレントディレクトリを変更する.どっかからの拾い物.これをするには,.bashrcあたりに以下を追加.

prompt_command() {
    if [ "x$WINDOW" != "x" ]; then
        screen -X register ! "`pwd`"
    fi
}
PROMPT_COMMAND=prompt_command

これで,コマンドを打つたびにprompt_command()が呼ばれ,逐次screenにカレントディレクトリが保存されるようになる.

monitor off
screen -t "console" 0
monitor on
screen -t "emacs" 1
monitor on
screen -t "shell" 2
monitor on
screen -t "filer" 3
monitor off
screen -t "emacs-riece" 10

あらかじめウィンドウを作成する.作成したウィンドウでは始めにプログラムが起動されるが,それは.bashrcで指定する.

initscreen()
{
   case "x$WINDOW" in
#     "x0")
#         cd && tail -F /var/log/messages;;
     "x1")
         cd && emacs -nw;;
     "x2")
         cd;;
     "x3")
         cd && mfiler;;
     "x10")
         cd && emacs -nw -f riece;;
   esac
}
case "x$SHLVL" in
     "x2")
         initscreen
         ;;
esac
最終更新 2010年 3月 19日(金曜日) 01:51
コメント (0)
投稿コメント
Your Contact Details:
コメント:
[b] [i] [u] [url] [quote] [code] [img]   
:D:):(:0:shock::confused:8):lol::x:P:oops::cry:
:evil::twisted::roll::wink::!::?::idea::arrow:
Security
画像に表示されているスパム対策コードを入力してください。