物置っぽい何か

まったり まったり

ホーム / 一般 / ツール公開 / abc2MoEabc v0.5 公開

abc2MoEabc v0.5 公開

Eメール 印刷
ユーザの評価: / 0
悪い良い 

abc2MoEabc v0.5公開。最新のDownloadページよりお願い。

今回は前々からあったらいいなぁと思ってたけど、面倒がって対応しなかったトリル、ターンなどの装飾記号の対応がメイン。フリーで取得できるABC譜でも結構使われてるからちゃんと演奏するにはやっぱり対応しないとね、ってことで重い腰を上げた次第。

装飾記号変換の実装としては、ある程度形は決め打ちでやってる。詳細はv0.5のダウンロードページ参照。それぞれ色々な演奏法があるみたいだけど、実装としては一番短いものにした。音の削除は困難だけど、音の追加は前打音を使うことで容易との判断からこういった仕様に。例えば、トリルの最後は2度下がらないと気持ち悪いって時は、!trill! !trill(! A !trill)!{/GA}cとかやってみるといいと思う。

あと、今回は前々から(以下略)な、もえいろは側のバグ暫定対応を導入。音の途中にテンポチェンジが挟まった時、音の長さがおかしくなる問題への対応。<Q:120>[A3]1<Q:90>x<Q:60>xcというMoE-ABCがあった場合、Aの音をc直前まで鳴らそうとしたら実際は、<Q:120>[A13/3]1<Q:90>x<Q:60>xcとしてあげないといけない。計算式は、Aの長さ=1(Q:120部分) + 1*120/90(Q:90部分) + 1*120/60(Q:60部分)となる。オプション(-fb-tc: 詳細はヘルプ参照)でこの対応を有効にできるけど、過去公式になんとかしてよ!って要望は送ってるから対応されたらオプション外して変換してね。なお、テンポチェンジを挟む音の長さの計算時に上の計算式そのままで計算すると長さの表現がすごいことになるので、若干丸め込みを行なっているため、本来の長さより少し短くなっている。公式が対応してくれたら要らなくなる機能なのでこれ位は許容範囲ということで…。

今後、少し気になっている音の途中に同音が開始した際、どちらかの音が終わればもう片方の音も終わってしまうMIDIの仕様への対応をやってみたくも思い、面倒だから放置したくもある。例えば、[A4]1GABと書かれた時に、2つめのB直前に1つ目のAも終わってしまう問題。これは単純に2つめのABの終わりまで伸ばした[A4]1G[A2]1Bとすればいいのかよく分からないから、本当に対応するかどうかは不明だけどね(´▽`*)。

それでは。

楽器演奏の実装、あるいは、公開テストサーバによるテストはいつになるんだろう。。。

最終更新 2015年 1月 30日(金曜日) 18:33
コメント (0)
投稿コメント
Your Contact Details:
コメント:
[b] [i] [u] [url] [quote] [code] [img]   
:D:):(:0:shock::confused:8):lol::x:P:oops::cry:
:evil::twisted::roll::wink::!::?::idea::arrow:
Security
画像に表示されているスパム対策コードを入力してください。